日本医療指南

中国初の日本医療ガイドブック

定価150元でご購入いただけます。
ご質問等につきましては、お問い合わせまでご連絡ください。

書籍のご紹介

日本の医療に興味がある中国にお住いの方などが、安心して日本で医療を受けることができるための情報を提供する書籍です。「基礎編」「実用編」「資料編」「開拓編」「推薦編」の5部門で構成され、日本の医療市場や医療保険制度、先端医療、中国の方が受診するためのプロセス等を紹介します。

日本の医療は、中国のみならず世界から高い評価を受けています。日本の医療の仕組み等をより深く知ってもらい、安心して日本で医療を受けていただけます。

日本で医療を受ける際には、航空券の予約から病院の選定まで様々なプロセスが必要となります。この「日本医療指南」は、医療ツーリズムの一連の流れを解説し、日本への渡航を希望する中国の方の支援をする一助となります。

書籍の構成

^

序文

^

基礎編

^

実用編

^

資料編

^

開拓編

^

推薦編

^

あとがき

^

特別な謝辞

序文

日本の名医フォーラム 001
一、生活習慣病の予防  上塚芳郎 002
二、医療機関から見た昨今の再生医療事情 阿曾沼元博 008
三、食道癌手術と内視鏡検査 菊永裕行 010
四、がんについて 菊永裕行 014

基礎編

第一章

日本の医療を理解する 019
一、日本医療の概要 020
二、日本の医療法規制および関連する医療資格 022
三、日本の医療制度 027
四、日本の病院 054
五、日本の医科大学 055
六、日本医療の国際的地位 056
七、日本医療の国際的支援 061
八、日本政府が期待する外国人向け医療観光市場 062

実用編

第二章

日本の医療に入る 065
一、日本で医療サービスを受けている外国人の概況 066
二、外国人が日本で医療サービスを受けるための手続き 066
三、日本政府が指定する仲介機関 068
四、日本政府が指定する仲介機関との交渉方法 099
五、日本の病院の選び方 105
六、日本の医師の選び方 158
七、医療ビザ申請、航空券、宿泊予約 179
八、医療相談前の準備(事前情報の準備) 181
九、受診 184
十、日本式健康診断 200

資料編

第三章

外国人を受け入れる医療機関 205

開拓編

第四章

より多くの日本の医療情報 399
一、日本医師会および関連協会 400
二、日本の医療機器 403
三、日本の製薬 434
四、日本の健康製品 443
五、日本の栄養士制度 446
六、日本の薬用温泉 449

推薦編

第五章

日本の家庭用常備薬 455
一、日本家庭薬協会 456
二、日本家庭薬の過去 457
三、日本家庭薬の未来 457
四、日本家庭薬協会の注目のベストセラー商品 458
五、日本家庭薬協会の特別推薦 466

あとがき

関丈太郎 473

特別な謝辞

張浩川 474

本書は、日本医療ガイドの参考書です。序文(日本の名医フォーラム)、基礎編(日本の医療を理解する)、実用編(日本の医療に入る)、資料編(外国人を受け入れる医療機関)、開拓編(より多くの日本の医療情報)、推薦編(日本の家庭用常備薬)に分かれています。

内容として、日本の基本的な医療の概要、医療体系、医療サービスのプロセス、医療エチケット、医師会及び協会、医療機器、医薬品、薬膳、薬用温泉等があります。これは、日本の医療衛生状況を理解し、訪日医療を受けるための参考として、とても重要な意義を持ちます。

著者について

張 浩川

上海科学公共政策研究センター理事長兼主任研究員、経営学博士。復旦大学日本研究センター理事兼特別研究員、復旦発展研究院客員教授、明治大学MBA特別教授。研究の方向性は日中経済や経営管理。「中国中小企業の挑戦」等の著者、「日本留学ガイド」等の編集長。

関 丈太郎

アイテック株式会社社長。日本医療産業の専門家。日本成蹊大学及び英国ケント大学卒業。医療・医療施設の専門コンサルティングを長年行う。日本医療福祉機器協会国際委員会委員、日本経済産業省が委託・設立した海外日本医療機関専門研究会委員を歴任。

絶賛発売中

ご質問等につきましては、お問い合わせまでご連絡ください。